toggle
2016-06-02

初作品

自分の紙で一番初めに作りたかったもの。
とっておきの手紙を書きたい時に。
「季節のことのは箋」です。
和歌から四季折々のイメージに合った箇所を切り取って、便箋の一枚目に添えました。
元の歌は、必ずしも季節を主題に詠んだものとは限りません。
一節の句の響きが醸し出す風情と、本来の歌に込められた思い、そして、そのはざまにある余韻を楽しんでいただければ幸いです。
ベンガラという天然の顔料で色を付けた便箋2枚と封筒1枚、典拠の和歌を載せた栞、試し書き用の端紙のセットです。
文字は活版印刷で、一枚一枚、手刷りしています。

Share on Facebook

関連記事